スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【射撃武器アビリティ】

・射撃武器ゲージ容量
最大値:180%(汎用150%+固有30%) 対応部位:射撃武器
固有アビリティ:ダブルパック(アドバンスド・ヘイズル マシンガン、 レッグ)

解説:基本的に有用なアビリティですが、唯一アトミックバズーカにだけは付けてはいけません。※ゲージを伸ばしても1発打ち切りでリロード時間だけが増えるため。
元々ゲージの多いガトリングやチャージショット主体で戦うとゲージが余り気味になるので、本当に必要かはモーションやプレイスタイルと相談しましょう。ダブルパックは射撃武器よりもレッグに付けるのがオススメです。



・射撃武器チャージ速度
最大値:120%(汎用100%+固有20%) 対応部位:射撃武器
固有アビリティ:エネルギー供給システム(ライトニングガンダム アーム)

解説:容量とは逆にアトミックバズーカには必須です。アサルト覚醒中は4秒に1回撃てるようになります。


・射撃武器弾速
最大値:100% 対応部位:射撃武器

解説:着弾が速くなり、直感的に撃っても当たるようになるので命中率に関しては追尾性能や近接信管を付けるよりも効果が実感できます。


・射撃武器集弾性能
最大値:130%(汎用100%+固有30%) 対応部位:射撃武器、シールド
固有アビリティ:バイポッド(陸戦型ガンダム、Ez-8、ライトニングガンダム シールド)

解説:無駄弾が少なくなり自然とDPSも上がります。専用ショットガンにつける場合は高すぎると攻撃範囲が著しく狭まるので50%ほどで抑えましょう。盾にバイポッドを付けるだけでも十分効果があります。


・射撃追尾性能
最大値:125%(汎用100%+固有25%) 対応部位:射撃武器
固有アビリティ:高感度センサー(グシオンリベイクヘッド DLC-5収録)

解説:弾速が遅い武器に付けても意味が無いので基本的には弾速が優先されます。ピーコックスマッシャーのランダムシュートやGNミサイルコンテナ、ミサイルランチャーなど元から誘導性の高い武器につけるとさらにグネグネと曲がり敵を追いかけるようになります。


・シューティングモードダメージ補正
最大値:150%(汎用100%+固有50%) 対応部位:射撃武器、ヘッド
固有アビリティ:高精度ガンカメラ(ガンダムデュナメス、ケルディム ヘッド)、高性能光学センサー・ユニット(アドバンスド・ヘイズル ヘッド)

解説:シューティングモードで威力の上がるロングライフル、ガトリング、バズーカが更に上がります。
一応シューティングモードで威力の上がらない武器にも使えます。



・射撃武器が爆発化
対応部位:射撃武器

解説:着弾時に弾が爆発するようになり、爆風による攻撃範囲の拡大とヒット数が増えます。必須アビリティである攻撃ヒット時EX/覚醒ゲージ上昇量と好相性なため、ゲームシステム的に強いです。グレネード、ミサイル、バズーカや榴弾系、拡散連射などは元から爆発するため付けても意味がありません。密集した敵にまとめてダメージを与えられるようになるアビリティであり、単独の敵に対するヒット数は上がりません=DPSが上がるわけではなりません。
※直撃と爆風にダメージ差はありません。



・射撃武器爆発範囲
最大値:100% 対応部位:射撃武器

解説:爆風による攻撃範囲が広がります。シューティングモードで大雑把に地面を狙っても爆風が当たるようになります。最大値での爆風範囲はバズーカやミサイル、榴弾など元から爆発する弾の場合はMS約5機分。元が爆発しない弾の場合はMS約3機分。
※核弾頭には効果がありません。

・射撃武器が近接信管化
対応部位:射撃武器

解説:元から爆発する弾や爆発化が前提のアビリティで、弾が敵に直撃しなくても近距離で爆発するようになります。ただ近接信管でハズレ弾をカバーするよりも直撃させる→弾速や集弾性を上げた方が効果的なので、実際のところ付けても有効に活用できる武器は非常に限られます。

<元から近接信管が付いている or 付けてはいけないモーション>
実弾ロングライフル3種:元から付いてます。
榴弾・拡散連射:元から付いてます。
バズーカの射撃(実弾・ビーム問わず):元から付いてます。
GNバズーカ(最大ビーム弾):付けてはいけない武器。貫通しなくなるのでダメージが著しく下がります。
ロングライフル(ビーム):近接信管が反応する範囲(赤ロック範囲)だと弾が敵に吸い込まれるように直撃するため付けても発動機会は滅多にないです。
専用ショットガン:一定距離で必ず爆発する+爆風の大きさもあって付けても違いがほとんどわかりません。



性質上、有効活用出来るのは狙いがつけにくいシューティングモードを使用する必要があり誘導があまりかからない武器、該当する武器は爆発化を付けたガトリングバズーカのビーム弾射撃ということになります。信管が反応する範囲は爆発範囲に関係なく一律です。



・射撃武器が貫通化
対応部位:射撃武器

解説:爆発化は隣接している敵にもダメージを与えるものですが、こちらは離れた敵同士に同時にダメージを与えることが出来ます。ただし位置取りが必要なので有効活用するには爆発化よりも立ち回りが重要になります。殲滅力がなく、爆発化や引き寄せ系EXを(脳内設定などで)使えないアセンに付けると殲滅力を高められます。
爆発化が付いている武器につけると全ての敵を貫通し、地面や壁に当たったところで爆発します。近接信管も付いてるとターゲットに当たるまでは貫通しターゲットに当たると爆発します。
元から爆発化と近接信管が付いている榴弾・拡散連射に付けると高いパーツアウト率を持つ弾が貫通し最後は爆発するため、ゲージ回収率が更に上がりオススメです。

<元から貫通化が付いているモーション>
ライフルの射撃・バースト射撃・連射・高威力射撃・チャージ射撃
ダブルライフルの連続射撃、側転射撃
ロングライフルの高威力射撃・チャージ射撃

これらは元から付いていますが爆発化を付けると爆発化が優先され貫通しなくなります。そこから貫通化を付けると全ての敵を貫通し、地面や壁に当たったところで爆発。更に近接信管を付けるとターゲットに当たるまでは貫通しターゲットに当たると爆発する状態になります。

貫通化を付けてはいけないモーション
ビーム系バズーカのビーム弾射撃:同じ見た目の「射撃」と違って近接信管がありません。敵を貫通して地面や壁でしか爆発しなくなり、空中の敵を撃つと貫通分しかダメージが入らなくなります。


消去法で貫通化を付けて有効活用できるのはマシンガンとガトリングという事になります。


関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。