スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【攻撃力・EX/覚醒関連アビリティ】


・攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
最大値:140%(汎用120%+固有20%) 対応部位:近接・射撃武器、アーム
固有アビリティ:多目的センサーユニット(イージスガンダム ヘッド DLC-5収録)

解説:基本中の基本、EXのチャージが速まるのでどんなアセンにも必要です。


・攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
最大値:120% 対応部位:近接・射撃武器、ボディ

解説:こちらも基本中の基本ですが、覚醒を重視しないプレイスタイルで枠に困っている時は外してもいいかも?


・瀕死時与ダメージ
最大値:100% 対応部位:近接・射撃武器

解説:耐久値と画面端が赤くなっている時に適用される、いわゆる火事場アビリティ。
攻撃力上昇アビリティの中で最も効果が大きく、ニュータイプのエースも溶かせるようになります。即死回避や瀕死時被ダメージカットと組み合わせることで死亡率を下げつつ火事場戦法が出来るので、死ぬ危険度よりもメリットが勝っています。
消費スロットも2つと少なく、回復によってダメージ調整も出来るのでどんなアセンでも付けておいて損はありません。自爆や土星エンジンで自在に瀕死状態になることも出来ますし、ニュータイプは回復しなければ自然と瀕死状態のままになるので発動しやすいです。デッドリーブローやIFバンカーでカンストダメージを出す際には必須になります。



・キャンセルコンボダメージ
最大値:85%(汎用75%+固定10%) 対応部位:近接・射撃武器、アーム
固有アビリティ:フォトンバランサー(カバカーリーヘッド、ボディ、アーム、レッグ、バックパック DLC-6収録)

解説:キャンセルコンボとは攻撃中、または攻撃終了直後に別の攻撃に繋ぐ動きを指します。
分かりやすい例は近接や射撃攻撃をした直後にEXアクションを使用した場合や、EXアクション直後に別のEXアクションを撃った場合など、この辺りは動画を見てもらった方が分かりやすいかと思います。イメージが掴みにくい名称ですが適用条件そのものは非常に緩いです。

キャンセルコンボダメージが適用される条件
近接・射撃武器→オプション武装・シールド武装・EXアクション・バーストアクション
オプション武装→シールド武装・EXアクション・バーストアクション
シールド武装→オプション武装・EXアクション・バーストアクション
EXアクション→オプション武装・シールド武装・EXアクション・バーストアクション
バーストアクション→オプション武装・シールド武装・EXアクション
シューティングモード(構えるだけでもOK)→オプション武装・シールド武装・EXアクション・バーストアクション


キャンセルコンボが適用されない条件
近接・射撃武器→近接・射撃武器(□→△なども適用されません)


簡単に言うと多彩な連続攻撃を行うことでダメージが底上げされます。
ダメージを抑えたい時は適用しなければいいだけなので調整も効きます。
コンボをする意義も出てくるアビリティなのでオススメです。※キャンセルキャンセルキャンセルと繋いでも効果が倍々となっていくわけではありません。フォトンバランサーをレッグかバックパックに付けるのがオススメです。



・キャンセルEXアクションダメージ
最大値:85%(汎用75%+固定10%) 対応部位:近接・射撃武器、アーム
固有アビリティ:サイコフォローシステム(AGE-FXボディ DLC-3収録)

解説:キャンセルコンボと同じ条件でEXアクションにのみ適用されます。
キャンセルコンボとは重ねがけ出来るのでEXアクションのダメージが更に伸ばせます。その効果上、キャンセルコンボを全て付けた上で更にダメージを伸ばしたい時に付けることになるので枠に余裕がなければ付けなくても構いません。



・空中近接武器攻撃ダメージ
最大値:90% (汎用70%+固有20%) 対応部位:近接武器、バックパック
関連固有アビリティ:ブーストアーマー(アスタロト レッグ DLC-3収録)

解説:敵が地上にいても自機が空中にいれば適用されます。
空中ではブーストキャンセルをしなければ攻撃が繋がらずキャンセルコンボが適用されないこともある他、マスタリや瀕死を除けば近接武器のダメージが唯一上がるアビリティなので近接攻撃メインだったり、空中攻撃が得意なアセンでは重宝します。
ランスの突進との相性は最高で、他にも刺突剣、連結剣、双刀、双刃回転攻撃とも良相性です。
オプションの近接武器には適用されません。



・のけぞり誘発
最大値:500% (汎用450%+固有50%) 対応部位:近接・射撃武器、ボディ
関連固有アビリティ:ファイティングサイト(シェンロン アーム)

解説:のけぞり誘発が無い場合、ダブルサーベルの乱舞などは黄色ゲージ持ちには逃げられたり反撃されますが、450%以上になると黄色ゲージ持ちにも一方的に攻撃できるようになります。ツインブレード(双刃回転攻撃)も派生ルートが黄色ゲージ持ちでも決まるようになるため有効です。※ただし薙刀乱舞だけは逆効果
射撃武器でも怯むようになるため連射などが当たりやすく攻撃チャンスが増えます。枠に余裕があれば優先して付けるといいです。



・吹き飛び誘発
最大値:450% 対応部位:近接・射撃武器、レッグ

解説:のけぞり誘発と比べると優先度はかなり低いです。
のけぞりやダウン中の敵は誘発がなくても確実に打ち上がり、黄色ゲージ持ちの敵は打ち上げてもすぐに受身を取ってしまいます。このアビリティが必要なのはグシオンハンマーやジャスティスガンダム系統のリフターなど、敵を吹き飛ばす事が重要な一部の武装に限られます。なので通常はこちらを付けるより先にパーツ外し補正やのけぞり誘発を付けるべきです。



・パーツ外し補正
最大値:17% (汎用15%+固有2%) 対応部位:近接・射撃武器、ヘッド
関連固有アビリティ:スキャニングターレット(スモー ヘッド)

解説:パーツを外しやすくなりドロップ率が上がるほか、パーツが外れた敵は回収のため停止することが多くなり攻撃チャンスが増えます。もう1つの大きな要素として、パーツが外れた際は必ずのけぞり吹き飛びます。間接的にのけぞり・吹き飛び誘発を強化することになり、パーツ外し:EXチャージなどの発動機会も増えるため、ゲームシステム的にもかなり優先度の高いアビリティです。


・対シールドダメージ
最大値:150% (汎用100+固有50) 対応部位:近接武器
関連固有アビリティ:内蔵スラスター(グシオンハンマー DLC-3収録)

解説:シールドゲージは敵がガードしなければ削れないため、あまり付ける必要がありません。
ガードブレイク出来る攻撃で体勢を崩してから攻撃すればガードされることもありません。
さらにガードブレイクした際には敵は必ずのけぞるので攻撃チャンスが生まれます。シールドを破壊してしますとのけぞりも無くなってしまうので更に必要性は低下します。本当にシールドを破壊したいならアックスのチャージやライフル&ダブルライフルのチャージショット(ビーム限定)、ロングライフルの徹甲弾などシールドブレイク効果のある武器を使った方が速いです。


・覚醒時間延長
最大値:12秒 (汎用10秒+固有2秒) 対応部位:ヘッド、ボディ、アーム、レッグ、バックパック
固有アビリティ:AGEシステム(AGE系列 ボディ ※ダークハウンド以外)
その他:ロボ太のバーストサポートで+5秒

標準覚醒時間:アサルト&アービター10秒、ガーディアン16秒、ライトニング13秒
解説:覚醒ゲージの減りが遅くなり、ゲージが回復した際の残り時間も飛躍的に伸びます。
アサルト覚醒は長い時間維持するほどEXやオプションの回復速度アップの恩恵を受けられるほか、頻繁に覚醒ゲージを見て維持する手間も減少するので、覚醒して即バーストアクションを撃つようなプレイスタイルでない限り付けておくのをオススメします。 


・パーツ外し:EXチャージ
最大値:90 対応部位:近接・射撃武器、アーム

・パーツ外し:覚醒チャージ
最大値:3 対応部位:近接・射撃武器、ボディ

・パーツ外し:オプションチャージ
最大値:4.5 対応部位:近接・射撃武器、バックパック

・敵撃破:EXチャージ
最大値:90 対応部位:近接・射撃武器、アーム

・敵撃破:覚醒チャージ
最大値:3 対応部位:近接・射撃武器、ボディ

・敵撃破:オプションチャージ
最大値:4.5 対応部位:近接・射撃武器、バックパック

解説:パーツ外しチャージ系は敵撃破チャージ系に比べて発動機会が多くエリート、エース相手にも安定した性能を発揮します。逆に敵撃破チャージ系は道中の雑魚相手での爆発力がありますが、発動機会が少なくなるエリート以上だと失速したように感じることがあります。基本的にはEXチャージを付け、枠があれば覚醒やオプションチャージも付ける形になりますが、パーツ外しと撃破のどちらを優先するかはアセンやプレイスタイルによります。


・テイクダウン撃破EXチャージ
最大値:120 対応部位:近接・射撃武器、アーム

・EXアクションで撃破EXチャージ
最大値:120 対応部位:近接・射撃武器、アーム

解説:発動機会及び優先度はテイクダウン撃破>EXアクションで撃破。
どちらも敵撃破EXチャージをフルに積んだ上で更に伸ばしたい時に付けるものです。撃破EXチャージ系は全て重ねがけ出来るので、例えばデッドエンドバスターでテイクダウン撃破した場合は敵撃破120+テイクダウン撃破120+EXアクションで撃破120=360チャージとなり大抵のEXアクションを1発でチャージ出来ます。



・各武器マスタリ
最大値:50%

解説:攻撃力を上げるための重要なアビリティです。各オプティマイザは貴重なのでドロップしたら優先的に確保しましょう。
かと言って必須というわけではなくアップデートで敵が柔らかくなったりボーナスダメージの上限が上がった関係もあって、無くても難易度ニュータイプ攻略は可能です。



・各武器DPS
最大値:15000(7500+7500)

解説:最大攻撃力を求める場合は必要ですが、アップデートで属性値の上限が2倍になったので今はアビリティ枠が厳しければ付けなくても大した問題にはならないでしょう。


・各EX・バーストアクション威力上昇
最大値:EXアクション100% バーストアクション150%

解説:基本的にキャンセルコンボ、キャンセルEXアクションダメージを全て積んだ上で最後に付けるものです。(※キャンセルコンボダメージ×3(75%)とキャンセルEXアクションダメージ1つ(25%)でEXアクションのダメージ+100%になり、1つだけでなくオプション武装のダメージも上がるため)
デッドリーブロー、フリージングバレット、ダブルガトリングストーム等は強化するとニュータイプでも大きなダメージを出せるため、出たら取っておきましょう。バーストアクション強化のキューブはどれも貴重です。逆に下位技のEXアクションは強化しても大きなダメージが出ないため捨てても構いません。時間延長系アビリティはどれも有用です。



・トランス系EX時間延長
最大値:45秒 (汎用30秒+固有15秒) 対応部位:ボディ
固有アビリティ:ツインドライヴシステム(ダブルオーライザー、ダブルオーセブンソード バックパック)

解説:スーパードラグーンの総ダメージ増加や、紅の彗星など時間の短いトランスの補助として重要なアビリティ。キューブはマスタリ以上に貴重なのでドロップしたら必ず回収しておきましょう。


・カモフラージュ系EX時間延長
最大値:45秒 (汎用30秒+固有15秒) 対応部位:アーム
固有アビリティ:リブジャマー(デスサイズヘル アーム)

解説:制限解除の際はリブジャマーを外して回転率を上げましょう。

関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。