スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【クロスセーブ機能の活用】

クロスセーブ機能を利用したデータのバックアップ&巻き戻しが出来ます。

①:セーブデータアップロードでバックアップを取る。
②:試したいアビリティや武器を付けてみる。
③:合わなければセーブデータダウンロードを使ってアップロード時まで巻き戻す。


設計図のパーツを誤って合成した時にも利用できるので不測の事態に備えて頻繁にアップロードしておくことをオススメします。USBメモリによる通常のバックアップ方法でも同じことが出来ます。

注意点:ダウンロード適用後は操作タイプが強制的に1に戻されます。
スポンサーサイト

【各属性について】

<各属性の共通仕様>
属性値が高いほど発現しやすくなる
・ボーナスとブライニクル以外の属性にはスリップダメージが付いており、属性が発現すると属性値の分だけ敵にダメージを与える
・属性ダメージで敵は死なない(耐久値が1残る)
・ガードされても属性値は通る
属性が発現中、もしくは発現するまでに与えた最も高い属性値が適用される
(例:プロミネンス属性5万の武器を1発当てる→同属性2万の武器で着火→与えるスリップダメージは5万。プロミネンスダメージ付きのEXを当てて発火しなかった場合、その後に他の武器で着火してもEXのスリップダメージが出る)
・このスリップダメージの値は属性の発現毎にリセットされる
・スリップダメージの値は瀕死時与ダメージアップやキャンセルコンボの影響を受けない。
・EXアクションのスリップダメージはパーツレベルやエンハンスによって数値が上がる。



・ボーナスダメージ
最大値:60000

解説:無属性、単純なダメージアップなので迷ったらこれを選べば問題ありません。

プロミネンスダメージ
最大値:54000
スリップダメージ回数:10回

解説:スリップダメージの回数が最も多く属性ダメージに特化しています。
ただし予想外に敵の耐久値を奪うので解体したいのに瀕死になってたりして困ることがあります。プロミネンスダメージ付きEXを装備している場合は着火役として付けておくのをオススメします。


パルスダメージ
最大値:48000
スリップダメージ回数:5回

解説:発現中の敵はのけぞりやすくなり、パーツが外れやすくなります。
のけぞりはともかくパーツ外しの方はあまり実感できません。数字で表すとパーツ外し補正+1~2%程だと思われます。パルスダメージ付きEXやスリップダメージの注意点はプロミネンスと同じです。敵をスタンさせそうな属性ですがしません


ブライニクルダメージ
最大値:52000
スリップダメージ回数:無し
凍結時間:約5秒

解説:敵を凍結させるのが強力と判断されたのかスリップダメージはありません。
凍結した敵は動きが止まり、打ち上がらなくなり、ダウンもしません。そのため空中コンボをしたい場合やグシオンハンマーのダウン追撃とは相性が最悪です。逆に撃っていると敵が上空に上がり続ける専用ショットガンや、ジャスティスガンダム系のリフターなどは敵が吹き飛ばなくなりヒット数が上がります。


ディゾルブダメージ
最大値:52000
スリップダメージ回数:5回

解説:スリップダメージの他にシールドへのダメージが倍増します。
ゲージ
あくまでシールドゲージ(青ゲージ)へのダメージが増すものでチャンスゲージ(黄色ゲージ)には効果がありません。要するに対シールドダメージが付いた属性ですが、その対シールドダメージの必要性があまり無いので性能的にはパルスに劣ります。

【射撃武器の特性早見表】

射撃武器特性早見表爆発や貫通に◯が付いているモーションは該当アビリティを付ける必要がありません。
よろけ武装でも空中で当てればダウンになります。爆発付きのモーションでよろけになっているものもありますが、よろけたところに2発目を撃ち込めばダウンさせられます。
元から爆発・貫通の特性を持っているものは意外に多く、積極的に特性を付加する必要があるのはそれらが一切ない散弾射撃、散弾連続射撃、徹甲弾、マシンガン、ガトリングなど少数です。

<個別注意点>
※照射とバズーカの特殊弾(散弾)に爆発化・貫通化・近接信管化は意味がありません。
※最大ビーム弾に近接信管を付けると貫通しなくなりダメージがガタ落ちします。
※DLC-6で追加されたカバカーリーのビームショットガンとビギニング30のライフルには爆発化、集弾化を付けても効果がありません。

※アトミックバズーカ、ザンバスターの核弾頭に爆発範囲は効果がありません。

関連記事→【射撃武器アビリティ】

【オススメ装備】

・【射撃武器】
・【近接武器】
・【オプション装備】
・【EXアクション】
・【バーストアクション】
※クリックで該当箇所に飛びます
※本来は見た目でパーツを選ぶのが一番ですが攻略途中でその余裕がなかったり、特化アセンを組みたい場合にご参考ください。ダメージやパーツアウトなど、システム面で強い装備の他に個人的なオススメも多数入っています。
※強い装備といってもただ装備するだけでは真価を発揮できません。鍛えたその他の武器の方が鍛えてない強武器より何倍も強くなるゲームバランスになっています。 
 
射撃武器

・ロングライフル(強照射) 分類:ロングライフル、ダメージ
ロングライフルの一部には通常より照射のダメージが高いものが存在します。

<ロングライフル(強照射)リスト>
GNソードⅡブラスター
ハイパーメガランチャー
バスターライフル(EW)
ビームライフル(∀)
ドーバーガン
メガキャノン
ロングブレードライフル(コンポジットシールドブースター内蔵射撃 DLC-6収録)
ロングブレードライフル(TR-6 ウーンドウォート アーム内蔵射撃 DLC-6収録)


最大火力を出すにはシューティングモードでの運用が必須なのと、ボーナスMAXにすると威力が高すぎるので通常のステージでは使いにくいですが対ボスやPGには切り札になってくれます。強ロングライフルの照射は通常のロングライフルとは違いガードブレイクが付いています。

・シグマシスライフル&超高インパルス長射程狙撃ライフル(DLC-6収録)
分類:ロングライフル、ダメージ

上記の強照射の特性に加え、更に「シューティングモード中は照射しながら移動できる」特性を持っています。移動しながら薙ぎ払ったり、敵がパーツアウトして吹き飛んで射線から外れるのも移動でカバーできるため非常に強力です。ただし空中では降下しながらなので当てにくいのと、ブーストやステップをすると照射が消えてしまいます。
実質的に地上での前後左右の動きだけになります。

・バズーカ(照射)分類:バズーカ、ダメージ、パーツアウト
各ビームバズーカが該当。
ロングライフルの強照射よりダメージが劣りますが通常のロングライフルよりはダメージが高いです。
攻撃力を測りたい時にボディが外れてしまって計測できなくなる事がよく起こったので、ロングライフルの照射よりパーツアウト率が高い可能性があります。

・専用ショットガン+射撃武器の爆発化 分類:ダブルライフル、EXチャージ、パーツアウト
攻撃範囲の広さとパーツアウト率の高さに伴うEXリチャージ率の高さが魅力です。
覚醒維持もしやすく、ヒット数の多さから下記の拡散連射と違ってボス・PG相手でも維持が可能です。グラヴィティスフィアなどでまとめた集団に撃ち込めば、パーツアウト数によってはリチャージCのEXでも1発で貯まることがあります。
Ver:1.30現在、DLC収録のパーツを除くと最高のEXチャージ速度を誇りますが欠点も多く、

・射程が短く、かといって近すぎても複数の敵に当たりにくくなるため適切な距離で運用する必要がある。
・単体の敵に撃つ場合、パーツアウト回数が減るためチャージ速度も減る。 ※拡散連射も同じ
・連射すると敵がどんどん上昇していく。 ※ブライニクル属性にすることで回避可能
・ボタンを連打するので指が疲れやすい&作業感が強くなる。
・爆発によって敵の状態などの視認性が悪くなる。
・拡散連射と比較した場合、デッドリーブローなどチャージが非常に遅いEXだとチャージ速度に差は出るが、グラヴィティスフィアやデッドエンドインパクト程度では実質的な差は出ない。


といった具合なので、楽に敵をパーツアウト+EXチャージしたいなら長押しでよく射程も長い拡散連射の方が便利です。

<爆発ショットガンの集弾率について>

0%:爆発範囲が重ならず無駄弾が出やすい。
30%(バイポッド):攻撃範囲とリチャージ率のバランスが良い。盾にバイポッドを付けるだけで良いため、射撃武器の枠が空けられ効率的。
50%以上:攻撃範囲が明確に狭まるのと、爆発範囲がどんどん重なっていくので数値が上がってもあまり違いが出ない。
130%(MAX):爆発ショットガンである必要性がほとんど無くなる。


近接信管は付けても違いがほぼ無いので付ける必要はありません。

・拡散連射 (DLC-3収録) 分類:マシンガン、EXチャージ、パーツアウト
パーツアウト率が非常に高いモーションです。
1セット撃てば高確率でどこかが外れ、当て続けるだけでボディまで外れることが頻発します。
集弾性が悪く遠距離からだと命中率が下がるので気になるなら集弾率アップを付けましょう。

見た目では分かりませんがデフォルトで爆発化と近接信管が付いています。
なので爆発範囲強化が有効で、貫通化を付けるとさらにEXチャージ速度が上がります。
連射中にターゲットを変え次々とパーツアウトさせることで専用ショットガンにも匹敵する性能を引き出せます。
榴弾連射も似たような性質を持ちますが、拡散連射とは連射速度が違い1ボタンでの最低発射数が榴弾連射は3発、拡散連射は4発です。拡散連射の方がより多くの弾が出るためパーツアウト回数も増えます。爆発が見えるビジュアル面以外は拡散連射が上位互換と言えます。
DLCのアスタロトとグシオンのマシンガン以外ではカプルアームの内蔵射撃武器に付いており、こちらは爆発が見えます。
榴弾連射の場合はザクマシンガンや100mmマシンガンでゲーム序盤から手に入るのでオススメです。


・2門ガトリング+爆発化+近接信管化 分類:ガトリング、EXチャージ
ユニコーンとサーペントのガトリングが該当。
ヒット数が他のガトリングの倍なのでアサルト覚醒を維持しながら撃ち続けることが可能。
ただし覚醒ゲージが減らないという意味での維持なので、回復するにはバルカンやファンネルなど自律武器の併用が必要です。

GNフィールド付きシールドと組み合わせると騎士ガンダム彗星剣やグラビティスフィアが稀に2発出る現象を高確率で引き起こせます。

・アトミックバズーカ 分類:バズーカ、ダメージ
連発は出来ないため継戦能力に欠けますが、EXと違って最初から撃てるためバウンティモードでは重宝します。ゲージ容量を最大まで伸ばしても1発のみ。
リロードが長くなるだけなのでゲージ容量アップは付けてはいけません。
代わりにチャージ速度を最大にしましょう。チャージ速度120%で通常時は20秒に1発、アサルト覚醒中は4秒に1発撃てるようになります。ちなみに爆発範囲を強化しても効果はありません。

・ミサイルランチャー 分類:バズーカ
特殊弾は同時発射の6発全てが散弾になるため非常に綺麗
誘導が強くダメージもそれなりに出ますがヒット数が安定しません。
シューティングモードだとダメージが減る珍兵器。

近接武器

・大剣連続攻撃Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 分類:大剣、パーツアウト
解体斬りを使いこなせれば敵を簡単に全解体出来るようになるため、ゲーム序盤で拳法解体から乗り換えるには最適です。
Ⅳはデモリッションナイフ(DLC-3収録)限定ですが解体斬り以外の性能は軒並みⅢより上です。
関連記事→【大剣モーション・コマンド表】

・双刃回転攻撃Ⅰ~Ⅲ 分類:ツインブレード、パーツアウト、防御
薙刀回転攻撃など攻撃の一部に射撃バリアが付いており、ダメージを99%カットします。
ボスの照射やEXも属性が合えば打ち消す事ができるため攻略が楽になるほか、△長押しでのジャンプ移動、派生の確定パーツ外し、のけぞり誘発を強化すれば黄色ゲージ持ちにも派生・コンボが決まるなど全体的な性能も良いです。サタンガンダムはブラックドラゴン時のオーラ以外全てが実弾判定なので実弾バリア持ちのツインブレードが役に立ちます。
関連記事→【ツインブレードモーション・コマンド表】

・グシオンハンマー (DLC-3収録) 分類:アックス、パーツアウト

パーツアウト中の敵をダウン追撃で全解体可能。近接武器で最高の解体性能を誇ります。
パーツ外し&敵撃破:EXチャージなどを付けておくとEXのチャージも素早く可能。
始めのパーツを外す役割は爆発ショットガンや拡散連射がお手軽です。

オプション装備

・マーキュリーレヴA ガトリング (DLC-2収録) 分類:ビルダーズパーツ、ダメージ
下方修正された6連装ミサイルポッドの後釜として(一応)使えます。
複数個付けるのが前提ですが、7個付けた場合のDPSはボーナスMAXの強ロングライフルを上回ります。【対PGスクランブル特化アセン】

ヒット数の多さによるEX・覚醒のチャージ率も高いですが、それ以上に威力が高いのでチャージが終わる前に敵が死んでしまうことが多く、さらにゲージが短いので修正前の6連装ミサイルポッドのように考えなしに垂れ流せるような性能ではありません。

・Cファンネル 分類:オプション、ビルダーズパーツ、ダメージ、テイクダウン
FXのパーツに付いているものは他のファンネル系より高いダメージを出します。
バリアモードはダメージの他に触れるだけでテイクダウン出来るため非常に便利です。
ビルダーズパーツ版は射出モーションがないためいつでもバリアを貼れます。

・ハンマー (DLC-3収録) 分類:ビルダーズパーツ、パーツアウト
近接武器版とほぼ同じ。ただし△単押しでのダウンが無いので破砕攻撃でダウンさせましょう。

・GNファング (DLC-4収録) 分類:オプション、ビルダーズパーツ、スタン
アルケーレッグとビルダーズパーツ。
敵をゲージが尽きるまでスタンさせ続け、オールレンジ攻撃まで付いている代物。
サイコ・ジャマーと違いスタンしているの敵からロックを変えてもスタンは継続され、オールレンジ攻撃はロックしている敵に行われます。スタンファングが刺さる時にロックを変えることで最大3機までスタンが可能。ビルダーズパーツ版を2個付けるとスタンファングが4本になりますが、刺さる間隔の問題から4機スタンできるのは極めて稀です。

・自爆 分類:オプション、瀕死、パーツアウト
主にW系やBD2号機のボディに付属。
即死回避を付けることで耐久値を1にする代わりに範囲内の敵を全解体出来ます。
自在に瀕死状態になることが出来るので瀕死戦法がメインのアセンなら付けておきましょう。
瀕死になるだけなら土星エンジンでも代用できます。

・頭部バルカン系 分類:オプション、EXチャージ
発動中も自由に行動できEXチャージを加速させてくれます。
よろけを取るにも向いており、空中に浮いた敵を浮かせ続けることも出来る縁の下の力持ち。
ただしビルダーズパーツのバルカンポッドはゲージを強化しても弾数があまり増えません。

・マシンキャノン 分類:オプション、ダメージ、EXチャージ
主にウイングガンダム系やブルーディスティニー系のボディに付属
併用できなくなったから代わりにダメージとEXチャージが強化されたバルカン。
最大火力でのダメージはかなりのものでNT後半のエースの黄色ゲージを一気に剥がせます。

・IFブースター 分類:オプション、ビルダーズパーツ、スタン
スモーアームとビルダーズパーツ。
貴重な空中スタンオプション、長押しすることで放射状に薙ぎ払い複数の敵をスタン可能。
スラストナックル、ブラストナックル後に使うとちょうどデッドリーブローが当たる位置に敵が止まるのでぶち込んであげましょう。

・ビームラリアット 分類:オプション、パーツアウト
AGE-1タイタスアームに付属。
ビーム輪を発生させてから敵のヘッド、バックパック、ボディを順に外していきます。
黄色ゲージがある場合はヘッドとバックパックのみ。

・アームドアーマーVN 分類:オプション、パーツアウト、拘束
バンシィアーム(アームドアーマー装備)に付属。
通常時は掴みからの殴り、GNバズーカの最大ビーム弾と好相性。展開時はお前もガンダムか攻撃で敵のヘッド、両腕を確定で外します。敵を掴み飛び上がった状態でアースシェイカーに繋ぐと敵機が固定され地上まで連続ヒットします。

・ヒートショーテル 分類:オプション、パーツアウト
サンドロック2種のバックパックに付属。最終段のブッピガンで敵の両腕を外します。
ショーテルが片方だけ当たった場合はどちらかの腕が外れます。

・閃光丸+昇竜丸 分類:オプション、パーツアウト
武者頑駄無Mk-IIバックパックに付属。
昇竜丸が榴弾連射の特性を持つのでパーツを外しやすいです。

・GNバスターソード 分類:オプション、パーツアウト
ダブルオーセブンソード/Gバックパック、GNソードVとダブルオークアンタバックパックを同時装備した場合に使用できるオプション。
トランザム斬りのような動きでパーツアウト中の敵を最後の一撃で全解体。


注意点としてHG機体(レッグMG、ボディHGなども含む)の場合、反応速度が126以上になると4段目以降が当たらなくなります。(※MG機体は反応速度130でも当たります。) 他にも壁に当たったり僚機の攻撃で敵を取りこぼす事が多いので、壁から離れて僚機を止めてから使うのが望ましいです。その性質上オンラインプレイでは当たりにくいです。

・マガノイクタチ 分類:オプション、ダメージ、回復、拘束
ゴールドフレーム天バックパックに付属。
敵を拘束しダメージを与えつつ自機が回復します。黄色ゲージ削りにも優秀なほか、PGやボス、砲台相手だと範囲内全てに効力が及ぶようになります。PGの弱点ゲージもロックを変えずに削ることが可能です。

・照射ビーム付きシールド 分類:シールドオプション、EXチャージ
ローゼンズール、アームドアーマーDE(バンシィ)、ディバイダーなどが該当。
敵を拘束しつつEXチャージして態勢を整えられます。前者2つはIフィールドも付いていますが、ゲージは供用なのでIフィールドが削られると照射時間も短くなるため注意が必要です。

・シールドバッシュ 分類:シールドオプション
ビームサーベル+シールドバッシュ、シールドフェレールも該当。
長押しで他の武装がないもの限定で、連打から蹴り上げの他に長押しでタックル→蹴り上げが出せます。タックル部分はガードブレイク付きで敵に密着出来るため、パイルドライバーやトルネードスパークなど間合いを詰めたい武装を使う時に重宝します。
蹴り上げからデッドリーブローが繋がります。

・シェンロンシールド2種 分類:シールドオプション、スタン
シールドを投擲し敵をスタン。戻る時にも当たり判定があります。
ゲージ容量をアップさせると最大3つ投げられ、尚且つチャージ速度MAXなら4秒ほどでゲージが回復します。機動防盾2種も最大3つ投げられますがこちらはリロードが遅いです。

EXアクション

・フリージングバレット 分類:マシンガン、ダメージ、スタン
複数スタン、防御力ダウン、強誘導とかなりの高性能EXアクション。
倍率は低いですが防御力ダウンによって他のEX以上のダメージが出ます。他の攻撃の補助にもなり非常に汎用性が高く、敵が単機だと集束して当たるため更にダメージが跳ね上がります。
PGやボスには防御力ダウンがかかりませんが、強誘導で撃てば当たるため信頼性が高いです。
NPCに装備させると強すぎて解体したい敵を倒してしまうことがあるので注意。

・ダブルガトリングストーム 分類:ガトリング、ダメージ、スタン
こちらは純粋な火力でフリージングバレットと同程度のダメージを出します。
PG・ボス相手だとこちらの方がダメージが出ますが、敵が単機でもバラけるため密着しないといけません。そのため平均的なダメージはフリージングバレットと同じくらいです。
NPCに持たせるならこちらの方が範囲が広くダメージも適度なためオススメです。

・グラヴィティスフィア 分類:ムチ、拘束
効果時間5秒半、敵を集めて拘束するEXの中では最高の性能を持ちます。
敵を集めることで爆発化が作用しやすくなり、パーツアウト回数も増えるためEXチャージも速くなります。デッドエンドインパクトとのコンボは単純で強力、PGを拘束することも可能など様々な場面で役に立ちます。

・スプレッドブラスト 分類:バズーカ、拘束
シューティングモードならグラビティスフィアより出が早く、放射状に拘束効果のある爆発をバラまくため動いているPGでも引っ掛ける事が出来ます。
刺突剣の斬り上げにキャンセルで使うと慣性が乗せながら撃ちます。

・デッドエンドインパクト 分類:大剣、パーツアウト
黄色ゲージのない敵なら全解体、空中から放つと解体とテイクダウンを一度に出来ます。
素出しすると避けられることが多いので、敵を打ち上げたりダウン中を狙ったり、グラビティスフィアやスタンを使って当てるのが主になります。
ブースト中に発動すると慣性で滑ってしまうので注意。

・ストライクストリーム 分類:大剣、パーツアウト
前作から吸い込みが強化され使いやすくなりました。
パーツアウトしている敵は飛び上がり部分で全解体されるため、その後テイクダウンまで行えます。飛び上がりの頂点からキャンセル可能、グラビティスフィアを装備しない場合はこちらの方が使いやすいです。
発動時間が長いので覚醒中に使うと覚醒が切れてしまうことがあるので注意。

・ライトニングスラスト 分類:ランス、テイクダウン
強誘導、自機防御力アップ、敵の速度ダウン、衝撃波で複数テイクダウン可能と高性能。
テイクダウン手段が少ないアセンに装備するとテンポよく戦えます。

・スパイラルバインド 分類:ムチ、スタン
自機周辺をスタン。出が早い、範囲が広い、チャージも速いとオーソドックスに使いやすいEXです。
上下判定と誘導は無いので空中など敵と高低差がある場合は当たりにくくなります。

・スラッシュレイヴ 分類:ダブルサーベル
遠距離まで届く斬撃波。サーベルのスラッシュテンペストはビーム属性なのでIフィールドなどで減殺されますが、こちらは実弾属性のようで減殺されません。

・クイックショット&ラピッドショット 分類:ダブルライフル
性能はとても誉められたものではありませんが敵から距離を取りたい時、高度を上げたい時、華麗な動きで攻撃を回避したい時、必殺技前のタメ動作を演出したい時など、地味ですが他にない働きが出来ます。

・スラストナックル&ブラストナックル 分類:格闘
特殊効果はありませんが黄色ゲージ持ちでも吹き飛ばせたり、地上で使っても空中の敵へ誘導したり、吹き飛ばした敵は自分を追ってくるように飛んで来るのでコンボの始動や繋ぎになったりと使い勝手が非常に良いです。
ブラストナックルは多段ヒットでパーツアウト率もそれなりにあります。

・スプリットフォース+フォースディスチャージ 分類:拳法、パーツアウト
お手軽連続解体。敵撃破:EXチャージ、テイクダウン撃破:EXチャージを強化していると解体した敵をテイクダウンすれば即スプリットフォースがチャージされるので敵全てを解体することも可能になります。

・ゴーストエッジ&ファントムエッジ 分類:ダブルサーベル、ダメージ
ダブルサーベルなど近接武器をメインに使い、EXアクションをあまり使わないアセンに向いています。NPCに装備すると半永久的に発動するため攻撃対象になりやすいアビリティを付けた囮型だと引き寄せられた敵が勝手に死んでいきます。

・バレットフォース&バレットオービット 分類:マシンガン、ダメージ
性質はゴーストエッジ&ファントムエッジと同じです。ターゲットとターゲット以外への攻撃を不規則に繰り返します。こちらもNPCに付けると継続的な射撃で敵を怯ませられ、時間切れはありますが10秒ほどで再発動するためほとんど気になりません。

・二連ビームサーベル斬り上げ 分類:EXアクション
発生が非常に速く攻撃範囲が広い。パーツアウト率も高く、ビジュアルもド派手。
相手にする場合、その発生の速さから見て避けるのは難しく高確率でパーツを外されるため、バウンティなどでは厄介な存在になります。

・爆熱ゴッドフィンガー&ダークネスフィンガー 分類:EXアクション、ダメージ
シールドガード不能、黄色ゲージ持ちでも掴み打ち上げる。プロミネンスダメージもEX用で数値が高いです。コンボの〆に使ったり、打ち上げてからライザーソードに繋ぐと綺麗に当たります。

・スーパードラグーン 分類:EXアクション、トランス、ダメージ
トランスに加えオールレンジ攻撃で殲滅速度が上がります。
ストライクフリーダムバックパック以外を装備するとレギルスビットのような光球が攻撃します。強力ですがゲージが尽きるか他のトランスを発動しない限り収納できないため、解体したい敵も動かしたり倒してしまうことがあります。

・NT-D 分類:EXアクション、トランス
効果は普通のトランスですが、トランスの中では唯一、色の変化がほとんどありません。
覚醒しても一部パーツのグローカラー変更と機体の周りが緑に発光するだけなので、機体を染めたくない場合に重宝します。

・暴走 分類:EXアクション、トランス、スタン
発動時に周囲をスタン。こちらも紫のオーラ以外は機体の色はそのままです。
ただしユニコーン系とスクランブルガンダムのパーツ(ビルダーズパーツ含む)のグローカラーが強制的に紫に変更されます。

・騎士ガンダム彗星剣 分類:SD-EXアクション、ダメージ
攻撃範囲が広いシンプルなスラッシュ系EXです。
前方を薙ぎ払うように放ち、射程も長いため複数の敵にダメージを与えられます。
弾速がそれほど速くないことと、予測ミスであらぬ方向に放つ事があるのが玉に瑕。

・熱火爆輪斬 分類:SD-EXアクション、テイクダウン
チャージと弾速が速く強誘導、さらにテイクダウンが付いており遠距離から放てるテイクダウン攻撃としては刀の斬撃波以上、ほぼ唯一無二の性能を誇ります。

・星覇龍凰斬 分類:SD-EXアクション、スタン
発生が速い最初の照射、その後の突撃両方に誘導と空中スタンがあります。
それによって高い命中率を誇るとともに、照射と突撃で別々の敵を狙うことも可能です。ターゲットとの直線上に他の敵機がいればそれもスタンさせます。突撃距離も長く、地上から空中に使っても誘導するなどSD-EXの中でも1,2を争う使い勝手の良さです。
黄色ゲージ持ちにも有効で、その後の攻撃が確実に当たるため必殺技ですがコンボの始動や繋ぎに活躍します。

バーストアクション

・ハイパービームサーベル 分類:バーストアクション、パーツアウト

3連斬りバーストの中で唯一スタンが付いており、性能的には上位互換です。
攻撃範囲が広く高確率で解体でき、NPCが使っても解体してくれます。

・ビッグガン 分類:バーストアクション、パーツアウト
専用パーツが無い方が出が速いです。修正される前のメガランチャーのように使えますが威力は段違いで、キャノン系EX/バースト強化エンハンスを付ければ黄色ゲージごと削って解体できます。

・IFバンカー 分類:バーストアクション、パーツアウト、ダメージ
出が速く命中率が高いです。ターゲットとの直線上に他の敵機がいればまとめて解体します。
瀕死とキャンセルコンボを併用すればカンストダメージを出すことが可能。

・フォトンシールド 分類:バーストアクション、スタン
自機周辺の敵を空中スタン、発動時間が短く短時間で高ダメージを与えられます。

・ライザーソード 分類:バーストアクション、パーツアウト、テイクダウン

自機前方の直線上をまとめて解体。テイクダウンも付いているため黄色ゲージがない敵なら一撃で倒せます。発動時に敵を吸い寄せますが、吸い寄せすぎて自機後方に飛んでいってしまうことがあります。NPCが使用しても解体できます。

・トランザムバースト 分類:バーストアクション、スタン、回復
自機周辺を攻撃するとともに耐久値を全回復、リペアキットは全快し、使用していないオプションゲージも一定数回復します。ヒット数の多さから全解体できることも多く、NPCに付けると非常に便利です。

クアンタムバーストもスタンの代わりにオートリペアとトランスが付加されますが、トランスにこだわらないならこちらの方がスタン時間が長く便利です。

・プラズマダイバーミサイル(DLC-6収録) 分類:バーストアクション、パーツアウト

全解体付きの核と言った感じで非常に使いやすいです。

随時追加予定

【タイプ別 アビリティセット例】

・【汎用アビリティセット】
・【攻撃特化セット】
・【オプション特化セット】
・【EXチャージ特化セット】
・【防御特化セット】
※クリックで該当箇所に飛びます

汎用アビリティセット

※特化させない場合はこれらの中から各アセンに最適なアビリティを選択します。

・近接武器
のけぞり誘発
パーツ外し補正
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
キャンセルコンボダメージ
瀕死時与ダメージ
パーツ外し:EXチャージ
各武器DPS
【他候補】吹き飛び誘発、敵撃破:EXチャージ、キャンセルEXアクションダメージ、空中近接武器攻撃ダメージ、パーツ外し:覚醒チャージ、パーツ外し:オプションチャージ、敵撃破:覚醒チャージ、敵撃破:オプションチャージ、各EX・バーストアクション威力上昇

・射撃武器
パーツ外し補正
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
キャンセルコンボダメージ
パーツ外し:EXチャージ
各武器DPS
【他候補】のけぞり誘発、吹き飛び誘発、キャンセルEXアクションダメージ、敵撃破:EXチャージ、シューティングモードダメージ補正、射撃武器ゲージ容量、射撃武器チャージ速度、射撃武器が爆発化(+爆発範囲)、射撃武器が近接信管化、射撃武器が貫通化、パーツ外し:覚醒チャージ、パーツ外し:オプションチャージ、敵撃破:覚醒チャージ、敵撃破:オプションチャージ、各EX・バーストアクション威力上昇

・ヘッド
パーツ外し補正
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
反応速度
トレジャーハンター
覚醒時間延長
各武器DPS
各武器マスタリ
【他候補】多目的センサーユニット、スキャニングターレット、高精度ガンカメラ、高性能光学センサー・ユニット

・ボディ
のけぞり誘発
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
スラスター容量
覚醒時間延長
パワーエクステンダー
ハイパーデュートリオンシステム
AGEシステム
【他候補】パーツ外し:覚醒チャージ、敵撃破:覚醒チャージ、各EX・バーストアクション威力上昇、トランス系EX時間延長

・アーム
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
反応速度
キャンセルコンボダメージ
覚醒時間延長
パーツ外し:EXチャージ
各武器マスタリ
各武器DPS
【他候補】キャンセルEXアクションダメージ、敵撃破:EXチャージ、エネルギー供給システム、各EX・バーストアクション威力上昇

・レッグ
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
ステップ距離
ステップ無敵時間
耐久値
覚醒時間延長
フルサイコフレーム
ダブル・パック
フォトン・バッテリー
【他候補】関節シーリング、ブーストアーマー、耐久値回復効果、各EX・バーストアクション威力上昇、サブジェネレーター、フォトンバランサー

・バックパック
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
ブースト回復速度
耐久値
スラスター容量
ブースト速度
オートリペア毎秒
覚醒時間延長
【他候補】パーツ外し:オプションチャージ、敵撃破:オプションチャージ、耐久値回復効果、ツインドライヴシステム、ブースト速度アップ固有アビリティ

・シールド
シールド武装DPS
シールド武装ゲージ容量
シールド武装チャージ速度
のけぞり耐性
吹き飛び耐性
即死回避
敵の攻撃対象になりにくい
瀕死時のけぞり吹き飛び無効
瀕死時被ダメージカット
【他候補】物理ガード、ビームガード、自分を狙う敵1体毎に被ダメージカット、ifsユニット

補足:即死回避が無い場合は耐久値を優先して付けてください。
装飾ビルダーズパーツを4つ付けている場合はボディかバックパックのスラスター容量を外せます。
他候補以外も必ずしも必須ではないのでアセンやプレイスタイルに合わせて調整してください。


攻撃特化セット

【対PGスクランブル特化アセン】をご覧下さい。
※6連装ミサイルポッドの下方修正により、最大攻撃力を持ちつつEX・解体のリチャージも速く解体もこなせるアセンの構築は不可能になりました。武器の属性値を上げれば汎用セットでも火力は必要十分なので、現在の攻撃特化アセンの運用は対PG・ボス用に限られます。

オプション特化セット

・近接武器
パーツ外し補正
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
キャンセルコンボダメージ
瀕死時与ダメージ
パーツ外し:EXチャージ
敵撃破:EXチャージ
パーツ外し:オプションチャージ
敵撃破:オプションチャージ
各武器DPS

・射撃武器
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
射撃武器ゲージ容量
キャンセルコンボダメージ
瀕死時与ダメージ
パーツ外し:EXチャージ
敵撃破:EXチャージ
パーツ外し:オプションチャージ
敵撃破:オプションチャージ
各武器DPS

・ヘッド
パーツ外し補正
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
反応速度
トレジャーハンター
覚醒時間延長
各武器DPS
各武器マスタリ
スキャニングターレット or 多目的センサーユニット

・ボディ
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
スラスター容量
覚醒時間延長
パーツ外し:覚醒チャージ
パワーエクステンダー
ハイパーデュートリオンシステム
AGEシステム

・アーム
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
反応速度
キャンセルコンボダメージ
覚醒時間延長
パーツ外し:EXチャージ
敵撃破:EXチャージ
各武器マスタリ

・レッグ
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
ステップ距離
ステップ無敵時間
耐久値
覚醒時間延長
フルサイコフレーム
ダブル・パック
フォトン・バッテリー

・バックパック
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
ブースト回復速度
スラスター容量
ブースト速度
オートリペア毎秒
覚醒時間延長
パーツ外し:オプションチャージ
敵撃破:オプションチャージ

・シールド
シールド武装DPS
シールド武装ゲージ容量
シールド武装チャージ速度
のけぞり耐性
吹き飛び耐性
即死回避
敵の攻撃対象になりにくい
瀕死時のけぞり吹き飛び無効
瀕死時被ダメージカット
ifsユニット

補足:リチャージが極端に遅いオプション以外はすぐに回復するようになります。
射撃武器アビリティを付けたい時は敵撃破EXチャージを外しても特に問題はありません。


EXチャージ特化セット

・近接武器
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
キャンセルコンボダメージ
キャンセルEXアクションダメージ
瀕死時与ダメージ
パーツ外し:EXチャージ
敵撃破:EXチャージ
テイクダウン撃破:EXチャージ
EXアクションで敵撃破:EXチャージ
各武器DPS

・射撃武器
のけぞり誘発
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
射撃武器ゲージ容量
キャンセルコンボダメージ
キャンセルEXアクションダメージ
瀕死時与ダメージ
パーツ外し:EXチャージ
敵撃破:EXチャージ
各武器DPS

・ヘッド
パーツ外し補正
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
反応速度
トレジャーハンター
覚醒時間延長
各武器DPS
各武器マスタリ
スキャニングターレット
多目的センサーユニット

・ボディ
のけぞり誘発
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
スラスター容量
覚醒時間延長
パーツ外し:覚醒チャージ
敵撃破:覚醒チャージ
AGEシステム

・アーム
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
オプション装備DPS
反応速度
キャンセルコンボダメージ
キャンセルEXアクションダメージ
パーツ外し:EXチャージ
敵撃破:EXチャージ
テイクダウン撃破:EXチャージ
EXアクションで敵撃破:EXチャージ
各武器マスタリ

・レッグ
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
ステップ距離
ステップ無敵時間
耐久値
覚醒時間延長
フルサイコフレーム
ダブル・パック
フォトン・バッテリー

・バックパック
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
ブースト回復速度
耐久値
スラスター容量
ブースト速度
オートリペア毎秒
覚醒時間延長
パーツ外し:オプションチャージ
敵撃破:オプションチャージ

・シールド
シールド武装DPS
シールド武装ゲージ容量
シールド武装チャージ速度
のけぞり耐性
吹き飛び耐性
即死回避
敵の攻撃対象になりにくい
瀕死時のけぞり吹き飛び無効
瀕死時被ダメージカット
自分を狙う敵1体毎に被ダメージカット

補足:オプション容量などはアセンに合わせて調整してください。
トルネードスパークなどリチャージの遅いEXでも頻繁に撃てるようになります。EXアクションで敵撃破+テイクダウン撃破の両方を満たせるデッドエンド系やストライクストリームなどを1つ装備しておくと良いです。


防御特化セット

・近接武器
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
敵撃破:リペア
パーツ外し:リペア
パーツ外し補正
攻撃ヒット:リペア
敵撃破:EXチャージ
テイクダウン撃破:EXチャージ
フォースディスチャージの効果時間
各武器DPS

・射撃武器
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
パーツ外し補正
射撃武器ゲージ容量
射撃武器が爆発化
射撃武器爆発範囲
敵撃破:EXチャージ
攻撃ヒット:リペア
パーツ外し:リペア
敵撃破:リペア

・ヘッド
オプション装備ゲージ容量
自機パーツ外れ耐性
耐久値
トレジャーハンター
攻撃ヒット:リペア
各武器DPS
各武器マスタリ
Eカーボン(GN粒子コーティング)
ナノスキン
関節シーリング

・ボディ
自機パーツ外れ耐性
耐久値
物理耐性
攻撃ヒット:リペア
のけぞり耐性
敵撃破:リペア
ビーム耐性
吹き飛び耐性
オートリペア毎秒
パーツ外し:リペア

・アーム
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
自機パーツ外れ耐性
耐久値
攻撃ヒット:リペア
敵撃破:EXチャージ
各武器DPS
各武器マスタリ
ヤタノカガミ
ヴァリアブルフェイズシフト装甲
エネルギー供給システム

・レッグ
自機パーツ外れ耐性
敵撃破:リペア
オートリペア毎秒
吹き飛び耐性
ビーム耐性
のけぞり耐性
物理耐性
耐久値
パーツ外し:リペア
ダブル・パック

・バックパック
自機パーツ外れ耐性
オプション装備DPS
吹き飛び耐性
のけぞり耐性
物理耐性
ビーム耐性
耐久値
オートリペア毎秒
敵撃破:リペア
パーツ外し:リペア

・シールド
シールド武装ゲージ容量
物理ガード
ビームガード
のけぞり耐性
吹き飛び耐性
瀕死時被ダメージカット
敵の攻撃対象になりやすい
自分を狙う敵1体毎に被ダメージカット
ラミネート装甲
チョバムアーマー構造

補足:アビリティ解説でも述べましたがここまでやっても難易度ニュータイプでは即死することがあります。即死回避や敵の攻撃対象になりにくいアビリティを付けることも出来ますが、その場合これだけ多くのスロットを割いた意味が無くなるので付けていません。また、バリア系オプションを重ねがけするアセンを組む場合はどうしてもリペア系のアビリティをいくらか削らざるをえません。

【対PGスクランブル特化アセン】

※DLC2-4のPGスクランブルガンダム(難易度ニュータイプ)を最短で倒す=エレメントスフィアを効率よく回収する事を目的にした超攻撃特化アセンです。攻撃特化やロングライフルのシューティング特化などもマイナーチェンジで作れます。

・近接武器(自由)
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
キャンセルコンボダメージ
キャンセルEXアクションダメージ
瀕死時与ダメージ
パーツ外し:EXチャージ
敵撃破:EXチャージ
敵撃破:オプションチャージ
パーツ外し:オプションチャージ
各武器DPS

・射撃武器(強ロングライフル) ※照射しながら移動できるシグマシスライフル、もしくは超高インパルス長射程狙撃ライフルが最もオススメ(DLC-6収録)関連記事→【オススメ装備】
シューティングモードダメージ補正
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
射撃武器ゲージ容量
射撃武器チャージ速度
キャンセルコンボダメージ
キャンセルEXアクションダメージ
瀕死時与ダメージ
ダブルガトリングストームの威力
フリージングバレットの威力
ロングライフルDPS

・ヘッド(自由)
シューティングモードダメージ補正
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
反応速度
トレジャーハンター
覚醒時間延長
ロングライフルDPS
ロングライフルマスタリ
高精度ガンカメラ

・ボディ(自爆付きボディ)
攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
スラスター容量
覚醒時間延長
敵撃破:覚醒チャージ
パワーエクステンダー
ハイパーデュートリオンシステム
サイコフォローシステム

・アーム(ガンダムAGE-FX)
攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
反応速度
キャンセルコンボダメージ
キャンセルEXアクションダメージ
覚醒時間延長
各武器マスタリ
エネルギー供給システム

・レッグ(ガンダムAGE-FX)
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
ステップ距離
ステップ無敵時間
覚醒時間延長
フルサイコフレーム
ダブル・パック
フォトン・バッテリー
フォトンバランサー

・バックパック(ガンダムAGE-FX)
オプション装備DPS
オプション装備ゲージ容量
オプション装備チャージ速度
ブースト回復速度
スラスター容量
ブースト速度
オートリペア毎秒
覚醒時間延長
パーツ外し:オプションチャージ
敵撃破:オプションチャージ

・シールド(自由) ※コンポジットシールドブースター(DLC-6収録)ならオールレンジ攻撃を増やせます。
シールド武装DPS
シールド武装ゲージ容量
シールド武装チャージ速度
のけぞり耐性
吹き飛び耐性
即死回避
敵の攻撃対象になりにくい
瀕死時のけぞり吹き飛び無効
瀕死時被ダメージカット
ifsユニット

・ビルダーズパーツ
マーキュリーレヴA ガトリング×7
※見た目優先にしたい時は6連装ミサイルポッド×4+見た目ビルパ×3などでもOK

・EXアクション
フリージングバレット
ダブルガトリングストーム
スプレッドブラスト
(自由枠)

・バーストアクション
無しorフルオープンアタック
※ミサにEXとオプションだけ撃たせたいため。無しにするとEXを3つ目まで使うので、フリージングバレットとダブルガトリングストームに絞らせたい場合は発動できないフルオープンアタックを付けましょう。

解説:攻撃力の高い強ロング照射、Cファンネル、マーキュリーレヴAガトリングに重点を置いたアセンです。以前はスーパードラグーン強化のためにトランス強化アビリティも付けていましたが、今は貯まる前に倒せるため必要ありません。
ミサも同じ機体にすると更に速く倒せます。ロボ太はPGを拘束できる闇将軍がオススメです。

基本的な立ち回りは


1:PGスクランブル登場前にコンポジットシールドブースターを射出&自爆&Cファンネルを射出しておきます。
2:スクランブルがロボ太を狙って接近してくるのでマーキュリーレヴAガトリングで半分まで減らします。
3:PGスクランブルの無敵時間に合わせてスプレッドブラストを撃って拘束し、ロングライフル照射で削ります。
4:マーキュリーレヴAガトリングのゲージが残っていれば撃ってトドメを刺しましょう。
速ければ実戦闘時間15秒ほどで倒せます。




読めば分かる通り、スプレッドブラスト以外のEXアクションは削りきれなかった時の保険でしか使いません。ただしミサが使うとそれなりに削ってくれるので強化は必要です。マーキュリーレヴAガトリングではなく6連装ミサイルポッドを付けた場合でも30秒以内には倒せます。

※攻撃力が高すぎる&短期決戦用に調整しているため通常のステージには全く向きません。
※お台場でのPG連戦に使う場合はロングライフル照射メインで立ち回るのが良いです。
※DLC-5で多目的センサーユニット(ヘッド:攻撃ヒットEXチャージ+20%)が登場しましたが、上記の通りEXはあまり使わないので付けても付けなくても構いません。通常の攻撃特化アセンなら必要です。

【射撃武器アビリティ】

・射撃武器ゲージ容量
最大値:180%(汎用150%+固有30%) 対応部位:射撃武器
固有アビリティ:ダブルパック(アドバンスド・ヘイズル マシンガン、 レッグ)

解説:基本的に有用なアビリティですが、唯一アトミックバズーカにだけは付けてはいけません。※ゲージを伸ばしても1発打ち切りでリロード時間だけが増えるため。
元々ゲージの多いガトリングやチャージショット主体で戦うとゲージが余り気味になるので、本当に必要かはモーションやプレイスタイルと相談しましょう。ダブルパックは射撃武器よりもレッグに付けるのがオススメです。



・射撃武器チャージ速度
最大値:120%(汎用100%+固有20%) 対応部位:射撃武器
固有アビリティ:エネルギー供給システム(ライトニングガンダム アーム)

解説:容量とは逆にアトミックバズーカには必須です。アサルト覚醒中は4秒に1回撃てるようになります。


・射撃武器弾速
最大値:100% 対応部位:射撃武器

解説:着弾が速くなり、直感的に撃っても当たるようになるので命中率に関しては追尾性能や近接信管を付けるよりも効果が実感できます。


・射撃武器集弾性能
最大値:130%(汎用100%+固有30%) 対応部位:射撃武器、シールド
固有アビリティ:バイポッド(陸戦型ガンダム、Ez-8、ライトニングガンダム シールド)

解説:無駄弾が少なくなり自然とDPSも上がります。専用ショットガンにつける場合は高すぎると攻撃範囲が著しく狭まるので50%ほどで抑えましょう。盾にバイポッドを付けるだけでも十分効果があります。


・射撃追尾性能
最大値:125%(汎用100%+固有25%) 対応部位:射撃武器
固有アビリティ:高感度センサー(グシオンリベイクヘッド DLC-5収録)

解説:弾速が遅い武器に付けても意味が無いので基本的には弾速が優先されます。ピーコックスマッシャーのランダムシュートやGNミサイルコンテナ、ミサイルランチャーなど元から誘導性の高い武器につけるとさらにグネグネと曲がり敵を追いかけるようになります。


・シューティングモードダメージ補正
最大値:150%(汎用100%+固有50%) 対応部位:射撃武器、ヘッド
固有アビリティ:高精度ガンカメラ(ガンダムデュナメス、ケルディム ヘッド)、高性能光学センサー・ユニット(アドバンスド・ヘイズル ヘッド)

解説:シューティングモードで威力の上がるロングライフル、ガトリング、バズーカが更に上がります。
一応シューティングモードで威力の上がらない武器にも使えます。



・射撃武器が爆発化
対応部位:射撃武器

解説:着弾時に弾が爆発するようになり、爆風による攻撃範囲の拡大とヒット数が増えます。必須アビリティである攻撃ヒット時EX/覚醒ゲージ上昇量と好相性なため、ゲームシステム的に強いです。グレネード、ミサイル、バズーカや榴弾系、拡散連射などは元から爆発するため付けても意味がありません。密集した敵にまとめてダメージを与えられるようになるアビリティであり、単独の敵に対するヒット数は上がりません=DPSが上がるわけではなりません。
※直撃と爆風にダメージ差はありません。



・射撃武器爆発範囲
最大値:100% 対応部位:射撃武器

解説:爆風による攻撃範囲が広がります。シューティングモードで大雑把に地面を狙っても爆風が当たるようになります。最大値での爆風範囲はバズーカやミサイル、榴弾など元から爆発する弾の場合はMS約5機分。元が爆発しない弾の場合はMS約3機分。
※核弾頭には効果がありません。

・射撃武器が近接信管化
対応部位:射撃武器

解説:元から爆発する弾や爆発化が前提のアビリティで、弾が敵に直撃しなくても近距離で爆発するようになります。ただ近接信管でハズレ弾をカバーするよりも直撃させる→弾速や集弾性を上げた方が効果的なので、実際のところ付けても有効に活用できる武器は非常に限られます。

<元から近接信管が付いている or 付けてはいけないモーション>
実弾ロングライフル3種:元から付いてます。
榴弾・拡散連射:元から付いてます。
バズーカの射撃(実弾・ビーム問わず):元から付いてます。
GNバズーカ(最大ビーム弾):付けてはいけない武器。貫通しなくなるのでダメージが著しく下がります。
ロングライフル(ビーム):近接信管が反応する範囲(赤ロック範囲)だと弾が敵に吸い込まれるように直撃するため付けても発動機会は滅多にないです。
専用ショットガン:一定距離で必ず爆発する+爆風の大きさもあって付けても違いがほとんどわかりません。



性質上、有効活用出来るのは狙いがつけにくいシューティングモードを使用する必要があり誘導があまりかからない武器、該当する武器は爆発化を付けたガトリングバズーカのビーム弾射撃ということになります。信管が反応する範囲は爆発範囲に関係なく一律です。



・射撃武器が貫通化
対応部位:射撃武器

解説:爆発化は隣接している敵にもダメージを与えるものですが、こちらは離れた敵同士に同時にダメージを与えることが出来ます。ただし位置取りが必要なので有効活用するには爆発化よりも立ち回りが重要になります。殲滅力がなく、爆発化や引き寄せ系EXを(脳内設定などで)使えないアセンに付けると殲滅力を高められます。
爆発化が付いている武器につけると全ての敵を貫通し、地面や壁に当たったところで爆発します。近接信管も付いてるとターゲットに当たるまでは貫通しターゲットに当たると爆発します。
元から爆発化と近接信管が付いている榴弾・拡散連射に付けると高いパーツアウト率を持つ弾が貫通し最後は爆発するため、ゲージ回収率が更に上がりオススメです。

<元から貫通化が付いているモーション>
ライフルの射撃・バースト射撃・連射・高威力射撃・チャージ射撃
ダブルライフルの連続射撃、側転射撃
ロングライフルの高威力射撃・チャージ射撃

これらは元から付いていますが爆発化を付けると爆発化が優先され貫通しなくなります。そこから貫通化を付けると全ての敵を貫通し、地面や壁に当たったところで爆発。更に近接信管を付けるとターゲットに当たるまでは貫通しターゲットに当たると爆発する状態になります。

貫通化を付けてはいけないモーション
ビーム系バズーカのビーム弾射撃:同じ見た目の「射撃」と違って近接信管がありません。敵を貫通して地面や壁でしか爆発しなくなり、空中の敵を撃つと貫通分しかダメージが入らなくなります。


消去法で貫通化を付けて有効活用できるのはマシンガンとガトリングという事になります。


【その他アビリティ】

・敵の攻撃対象になりやすい
最大値:300% 対応部位:シールド

解説:基本的にNPCを囮にするためのアビリティですが、敵が寄ってくるため薙刀乱舞やリフター、トランザムバーストなどの範囲攻撃に敵を巻き込みやすくなります。防御特化アセンに付けて硬さを体感するのもいいでしょう。


・トレジャーハンター
最大値:3% 対応部位:ヘッド

解説:付けておくと金や紫のパーツが出やすくなります。(マスタリ系への効果は不明)
劇的にレアリティが変わるというものではないですが、枠があれば付けておくことをオススメします。
※ドロップ数を増やすのではなく良いレアリティが出やすくなるアビリティです。ドロップ数を増やすなら解体するようにしたりラックブースターを使いましょう。


・自動砲台に検知されない
オススメ部位:特になし

解説:これを付ける前に砲台を素早く壊せるようになった方がいいです。


・地雷に検知されない
オススメ部位:特になし

解説:地雷は現在チャレンジモードとDLC-6の一部でのみ出現します。
そのチャレンジャーモードがあまりプレイする必要性がなく、何より遊ぶにしてもこのアビリティを付けたら楽しみが削がれてしまいまうので砲台と同じく必要性が非常に薄いです。

【防御力・回復関連アビリティ】

・物理耐性
最大値:50%(汎用30%+固有20%) 対応部位:ボディ、レッグ、バックパック
固有アビリティ:ヴァリアブルフェイズシフト装甲(SEED DESTINY系ガンダムパーツ)

・ビーム耐性
最大値:50%(汎用30%+固有20%) 対応部位:ボディ、レッグ、バックパック
固有アビリティ:ヤタノカガミ(アカツキ)

解説:難易度ニュータイプでは最大値でもあっという間に瀕死になります。
防御系アビリティは全体的に多くの枠を消費する割に圧倒的な防御力が得られるわけではないため、ゲームシステム的には攻撃偏重セッティングの方が合っており、後述の即死回避がそれを助長しています。ダメージを受ける前に敵を倒す or ブーストやステップ無敵時間で避ける or 覚醒を維持して自動回復速度を速める or ガーディアン覚醒など耐性を高めるより有効なセッティングは多数あるため、防御特化アセンを組みたい場合を除いてフルに積む必要はありません。これは物理ガードやビームガードなども同様です。



・オートリペア
最大値:17000/秒(汎用15000+固有2000) 対応部位:ボディ、レッグ、バックパック
固有アビリティ:ナノスキン(ターンエー、ターンX)

解説:難易度ニュータイプでは最大値でも回復が追いつきません。
とはいえ回復に使う手間を少なく出来るので、即死回避を併用する場合にも1つ付けておくと事故率を下げられます。



・耐久値回復効果
最大値:900% 対応部位:ボディ、レッグ、バックパック

解説:通常のリペアキットの回復量は耐久値の50%。
300%あれば回復量が100%になるためレッグかバックパックに1つ付ければ十分です。
オートリペアを始めとしたアビリティによる回復には効果がありません。



・のけぞり耐性
最大値:1200%(汎用1000%+固有200%) 対応部位:ボディ、レッグ、バックパック、シールド
固有アビリティ:超重装甲(グシオン DLC-3収録)

・吹き飛び耐性
最大値:1000% 対応部位:ボディ、レッグ、バックパック、シールド

解説:最大値でものけぞり吹き飛びます。
EXや攻撃の邪魔をされたくないならシールドに1つずつ付けるだけでも効果があります。実際のところ吹き飛ばされても受身ですぐリカバリーが効くのと、ゲーム中に起きるのけぞり吹き飛びの大半はパーツアウトに伴うものなので、250%以上にするなら自機パーツ外れ防止を付けた方が効果的です。



・自機パーツ外れ防止
最大値:100%(汎用75%+固有25%) 対応部位:ヘッド、ボディ、アーム、レッグ、バックパック
固有アビリティ:関節シーリング(サイコザク ヘッド/フルアーマーガンダム レッグ)

解説:パーツ外し補正と同じく、パーツアウトに伴うのけぞり吹き飛びの回数が減るので間接的に耐性を強化できます。100%にすることでパーツが外れなくなりますが、関節シーリングだけでも十分に効果を実感できます。
覚醒中はパーツが外れないので覚醒状態を維持できるアセンには必要性が薄いです。



・瀕死時のけぞり吹き飛び無効
オススメ部位:シールド

解説:唯一完全にのけぞりと吹き飛びが無効になるアビリティです。
ただしガードブレイクとパーツアウトによるのけぞり吹き飛びは防げません。
掴み攻撃などは防げないのと吹き飛ばされた際の無敵時間が発生しなくなるなど注意点も多く、過信できるようなアビリティではありません。



・攻撃ヒット:リペア
最大値:2000 対応部位:近接・射撃武器、ヘッド、ボディ、アーム
固有アビリティ:

解説:難易度ニュータイプでは2連ビームライフルの連射や2門ガトリングを使った上でオートリペアを併用してもまず回復が追いつきません。


・敵撃破:リペア
最大値:100000 対応部位:近接・射撃武器、ボディ

・パーツ外し:リペア
最大値:100000 対応部位:近接・射撃武器、ボディ、レッグ、バックパック


解説:どちらも頻繁に解体と撃破を繰り返す事で初めて回復がダメージを上回ります。
それでもガーディアン覚醒どころかアサルト覚醒の自動回復量よりも下なため、覚醒時間延長を付けたりして覚醒を維持できるセッティングにした方が結果的に高い防御力と回復量を実現できます。前述の通り、防御・回復系アビリティは消費スロットに対して割に合わないものがほとんどで、何より難易度ニュータイプでは防御・回復アビリティを全て積んで耐久値をカンストさせても即死する攻撃があるため、防御特化アセンは自然と趣味用やNPC用の機体になってしまいます。
 ※趣味で使う分にはとても楽しいです。



シールドアビリティ



・即死回避
オススメ部位:シールド
固有アビリティ:胸部追加装甲(バルバトス第6形態 ボディ DLC-2収録)、超重装甲シールド(グシオンリベイク シールド DLC-5収録)

解説:ゲームの難易度を下げるアビリティその1。
即死ダメージを喰らっても耐久値が1残ります。防御特化アセンが十数スロットも割いて耐久値や耐性をカンストさせても即死する攻撃をスロット1つで耐えられると書けば強さがわかるでしょうか。土星エンジンや自爆など自分で耐久値を減らしても発動し、特に自爆は範囲内の相手のパーツを全て外す解体技に化けます。

勘違いされやすいですが耐久値が1でも発動します。
発動後3秒間の無敵時間があり、再発動可能になるまでが5秒。その間のクールタイム2秒が無防備な状態で、即死回避が付いているのに死ぬのはこのためです。このクールタイムを意識して立ち回ると死亡率を更に下げられます。
防御アビリティはこれと敵の攻撃対象になりにくい、瀕死時被ダメージカット、それとオートリペア、のけぞり耐性、吹き飛び耐性を1つずつ付けておくだけでも十分ニュータイプで通用します。

以前はレアアビリティでしたがDLC-5でグシオンリベイクシールドに固有で付属するようになりました。ショップで購入もできるため収集が非常に楽になりました。



・敵の攻撃対象になりにくい
最大値:99% 対応部位:シールド

解説:ゲームの難易度を下げるアビリティその2。
最大値だと敵がほとんど僚機に向かいます。さらにNPCに攻撃対象になりやすいアビリティを付けておくと流れ弾以外ほぼ被弾しなくなります。あくまで敵の攻撃対象を逸らすだけで敵に見つからないわけではないため、自機のみや同じ数値の僚機のみの場合は効果がありません。



・瀕死時被ダメージカット
最大値:75% 対応部位:シールド

解説:瀕死時の事故率を大幅に抑えられます。
防御特化アセンの場合、耐性を最大値にしてもあっという間に瀕死になるのですが、これのおかげで瀕死時は異常に硬くなりオートリペアの効果で瀕死と通常状態を行ったり来たりする事が多いです。これを付けている場合、即死回避のクールタイム中は下手に回復するより瀕死のままの方がダメージが抑えられることもあります。



・自分を狙う敵1体毎に被ダメージカット
最大値:3% 対応部位:シールド

解説:当然ながら攻撃対象になりにくいアビリティを付けていると効果は落ちます。
単独ステージでない限り効果をフルに発揮する機会はないので、攻撃対象になりやすい+300%を付けた防御特化アセンやNPC機に付けるのが一番良いでしょう。



・物理ガード
最大値:95%(汎用80%+固有10%+リミットブレイカー5%) 対応部位:シールド
固有アビリティ:チョバムアーマー構造(NT-1、チョバムシールド)

・ビームガード
最大値:95%(汎用80%+固有10%+リミットブレイカー5%) 対応部位:シールド
固有アビリティ:ラミネート装甲(フリーダム、ジャスティス系シールド)

解説:最大値ではほとんどのダメージを防げますが、あくまでガードしている場合のみ効果があるだけで、ガードブレイク付きの攻撃には意味がありません。PGの掴み攻撃や突進など強力な攻撃ほどガードブレイクが付いているため、攻略上はあまり必要のないアビリティです。

【攻撃力・EX/覚醒関連アビリティ】


・攻撃ヒット時EXゲージ上昇量
最大値:140%(汎用120%+固有20%) 対応部位:近接・射撃武器、アーム
固有アビリティ:多目的センサーユニット(イージスガンダム ヘッド DLC-5収録)

解説:基本中の基本、EXのチャージが速まるのでどんなアセンにも必要です。


・攻撃ヒット時覚醒ゲージ上昇量
最大値:120% 対応部位:近接・射撃武器、ボディ

解説:こちらも基本中の基本ですが、覚醒を重視しないプレイスタイルで枠に困っている時は外してもいいかも?


・瀕死時与ダメージ
最大値:100% 対応部位:近接・射撃武器

解説:耐久値と画面端が赤くなっている時に適用される、いわゆる火事場アビリティ。
攻撃力上昇アビリティの中で最も効果が大きく、ニュータイプのエースも溶かせるようになります。即死回避や瀕死時被ダメージカットと組み合わせることで死亡率を下げつつ火事場戦法が出来るので、死ぬ危険度よりもメリットが勝っています。
消費スロットも2つと少なく、回復によってダメージ調整も出来るのでどんなアセンでも付けておいて損はありません。自爆や土星エンジンで自在に瀕死状態になることも出来ますし、ニュータイプは回復しなければ自然と瀕死状態のままになるので発動しやすいです。デッドリーブローやIFバンカーでカンストダメージを出す際には必須になります。



・キャンセルコンボダメージ
最大値:85%(汎用75%+固定10%) 対応部位:近接・射撃武器、アーム
固有アビリティ:フォトンバランサー(カバカーリーヘッド、ボディ、アーム、レッグ、バックパック DLC-6収録)

解説:キャンセルコンボとは攻撃中、または攻撃終了直後に別の攻撃に繋ぐ動きを指します。
分かりやすい例は近接や射撃攻撃をした直後にEXアクションを使用した場合や、EXアクション直後に別のEXアクションを撃った場合など、この辺りは動画を見てもらった方が分かりやすいかと思います。イメージが掴みにくい名称ですが適用条件そのものは非常に緩いです。

キャンセルコンボダメージが適用される条件
近接・射撃武器→オプション武装・シールド武装・EXアクション・バーストアクション
オプション武装→シールド武装・EXアクション・バーストアクション
シールド武装→オプション武装・EXアクション・バーストアクション
EXアクション→オプション武装・シールド武装・EXアクション・バーストアクション
バーストアクション→オプション武装・シールド武装・EXアクション
シューティングモード(構えるだけでもOK)→オプション武装・シールド武装・EXアクション・バーストアクション


キャンセルコンボが適用されない条件
近接・射撃武器→近接・射撃武器(□→△なども適用されません)


簡単に言うと多彩な連続攻撃を行うことでダメージが底上げされます。
ダメージを抑えたい時は適用しなければいいだけなので調整も効きます。
コンボをする意義も出てくるアビリティなのでオススメです。※キャンセルキャンセルキャンセルと繋いでも効果が倍々となっていくわけではありません。フォトンバランサーをレッグかバックパックに付けるのがオススメです。



・キャンセルEXアクションダメージ
最大値:85%(汎用75%+固定10%) 対応部位:近接・射撃武器、アーム
固有アビリティ:サイコフォローシステム(AGE-FXボディ DLC-3収録)

解説:キャンセルコンボと同じ条件でEXアクションにのみ適用されます。
キャンセルコンボとは重ねがけ出来るのでEXアクションのダメージが更に伸ばせます。その効果上、キャンセルコンボを全て付けた上で更にダメージを伸ばしたい時に付けることになるので枠に余裕がなければ付けなくても構いません。



・空中近接武器攻撃ダメージ
最大値:90% (汎用70%+固有20%) 対応部位:近接武器、バックパック
関連固有アビリティ:ブーストアーマー(アスタロト レッグ DLC-3収録)

解説:敵が地上にいても自機が空中にいれば適用されます。
空中ではブーストキャンセルをしなければ攻撃が繋がらずキャンセルコンボが適用されないこともある他、マスタリや瀕死を除けば近接武器のダメージが唯一上がるアビリティなので近接攻撃メインだったり、空中攻撃が得意なアセンでは重宝します。
ランスの突進との相性は最高で、他にも刺突剣、連結剣、双刀、双刃回転攻撃とも良相性です。
オプションの近接武器には適用されません。



・のけぞり誘発
最大値:500% (汎用450%+固有50%) 対応部位:近接・射撃武器、ボディ
関連固有アビリティ:ファイティングサイト(シェンロン アーム)

解説:のけぞり誘発が無い場合、ダブルサーベルの乱舞などは黄色ゲージ持ちには逃げられたり反撃されますが、450%以上になると黄色ゲージ持ちにも一方的に攻撃できるようになります。ツインブレード(双刃回転攻撃)も派生ルートが黄色ゲージ持ちでも決まるようになるため有効です。※ただし薙刀乱舞だけは逆効果
射撃武器でも怯むようになるため連射などが当たりやすく攻撃チャンスが増えます。枠に余裕があれば優先して付けるといいです。



・吹き飛び誘発
最大値:450% 対応部位:近接・射撃武器、レッグ

解説:のけぞり誘発と比べると優先度はかなり低いです。
のけぞりやダウン中の敵は誘発がなくても確実に打ち上がり、黄色ゲージ持ちの敵は打ち上げてもすぐに受身を取ってしまいます。このアビリティが必要なのはグシオンハンマーやジャスティスガンダム系統のリフターなど、敵を吹き飛ばす事が重要な一部の武装に限られます。なので通常はこちらを付けるより先にパーツ外し補正やのけぞり誘発を付けるべきです。



・パーツ外し補正
最大値:17% (汎用15%+固有2%) 対応部位:近接・射撃武器、ヘッド
関連固有アビリティ:スキャニングターレット(スモー ヘッド)

解説:パーツを外しやすくなりドロップ率が上がるほか、パーツが外れた敵は回収のため停止することが多くなり攻撃チャンスが増えます。もう1つの大きな要素として、パーツが外れた際は必ずのけぞり吹き飛びます。間接的にのけぞり・吹き飛び誘発を強化することになり、パーツ外し:EXチャージなどの発動機会も増えるため、ゲームシステム的にもかなり優先度の高いアビリティです。


・対シールドダメージ
最大値:150% (汎用100+固有50) 対応部位:近接武器
関連固有アビリティ:内蔵スラスター(グシオンハンマー DLC-3収録)

解説:シールドゲージは敵がガードしなければ削れないため、あまり付ける必要がありません。
ガードブレイク出来る攻撃で体勢を崩してから攻撃すればガードされることもありません。
さらにガードブレイクした際には敵は必ずのけぞるので攻撃チャンスが生まれます。シールドを破壊してしますとのけぞりも無くなってしまうので更に必要性は低下します。本当にシールドを破壊したいならアックスのチャージやライフル&ダブルライフルのチャージショット(ビーム限定)、ロングライフルの徹甲弾などシールドブレイク効果のある武器を使った方が速いです。


・覚醒時間延長
最大値:12秒 (汎用10秒+固有2秒) 対応部位:ヘッド、ボディ、アーム、レッグ、バックパック
固有アビリティ:AGEシステム(AGE系列 ボディ ※ダークハウンド以外)
その他:ロボ太のバーストサポートで+5秒

標準覚醒時間:アサルト&アービター10秒、ガーディアン16秒、ライトニング13秒
解説:覚醒ゲージの減りが遅くなり、ゲージが回復した際の残り時間も飛躍的に伸びます。
アサルト覚醒は長い時間維持するほどEXやオプションの回復速度アップの恩恵を受けられるほか、頻繁に覚醒ゲージを見て維持する手間も減少するので、覚醒して即バーストアクションを撃つようなプレイスタイルでない限り付けておくのをオススメします。 


・パーツ外し:EXチャージ
最大値:90 対応部位:近接・射撃武器、アーム

・パーツ外し:覚醒チャージ
最大値:3 対応部位:近接・射撃武器、ボディ

・パーツ外し:オプションチャージ
最大値:4.5 対応部位:近接・射撃武器、バックパック

・敵撃破:EXチャージ
最大値:90 対応部位:近接・射撃武器、アーム

・敵撃破:覚醒チャージ
最大値:3 対応部位:近接・射撃武器、ボディ

・敵撃破:オプションチャージ
最大値:4.5 対応部位:近接・射撃武器、バックパック

解説:パーツ外しチャージ系は敵撃破チャージ系に比べて発動機会が多くエリート、エース相手にも安定した性能を発揮します。逆に敵撃破チャージ系は道中の雑魚相手での爆発力がありますが、発動機会が少なくなるエリート以上だと失速したように感じることがあります。基本的にはEXチャージを付け、枠があれば覚醒やオプションチャージも付ける形になりますが、パーツ外しと撃破のどちらを優先するかはアセンやプレイスタイルによります。


・テイクダウン撃破EXチャージ
最大値:120 対応部位:近接・射撃武器、アーム

・EXアクションで撃破EXチャージ
最大値:120 対応部位:近接・射撃武器、アーム

解説:発動機会及び優先度はテイクダウン撃破>EXアクションで撃破。
どちらも敵撃破EXチャージをフルに積んだ上で更に伸ばしたい時に付けるものです。撃破EXチャージ系は全て重ねがけ出来るので、例えばデッドエンドバスターでテイクダウン撃破した場合は敵撃破120+テイクダウン撃破120+EXアクションで撃破120=360チャージとなり大抵のEXアクションを1発でチャージ出来ます。



・各武器マスタリ
最大値:50%

解説:攻撃力を上げるための重要なアビリティです。各オプティマイザは貴重なのでドロップしたら優先的に確保しましょう。
かと言って必須というわけではなくアップデートで敵が柔らかくなったりボーナスダメージの上限が上がった関係もあって、無くても難易度ニュータイプ攻略は可能です。



・各武器DPS
最大値:15000(7500+7500)

解説:最大攻撃力を求める場合は必要ですが、アップデートで属性値の上限が2倍になったので今はアビリティ枠が厳しければ付けなくても大した問題にはならないでしょう。


・各EX・バーストアクション威力上昇
最大値:EXアクション100% バーストアクション150%

解説:基本的にキャンセルコンボ、キャンセルEXアクションダメージを全て積んだ上で最後に付けるものです。(※キャンセルコンボダメージ×3(75%)とキャンセルEXアクションダメージ1つ(25%)でEXアクションのダメージ+100%になり、1つだけでなくオプション武装のダメージも上がるため)
デッドリーブロー、フリージングバレット、ダブルガトリングストーム等は強化するとニュータイプでも大きなダメージを出せるため、出たら取っておきましょう。バーストアクション強化のキューブはどれも貴重です。逆に下位技のEXアクションは強化しても大きなダメージが出ないため捨てても構いません。時間延長系アビリティはどれも有用です。



・トランス系EX時間延長
最大値:45秒 (汎用30秒+固有15秒) 対応部位:ボディ
固有アビリティ:ツインドライヴシステム(ダブルオーライザー、ダブルオーセブンソード バックパック)

解説:スーパードラグーンの総ダメージ増加や、紅の彗星など時間の短いトランスの補助として重要なアビリティ。キューブはマスタリ以上に貴重なのでドロップしたら必ず回収しておきましょう。


・カモフラージュ系EX時間延長
最大値:45秒 (汎用30秒+固有15秒) 対応部位:アーム
固有アビリティ:リブジャマー(デスサイズヘル アーム)

解説:制限解除の際はリブジャマーを外して回転率を上げましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。